【FXトレードノート&シナリオ】FXで勝ってる人の特別なやり方

今回の内容は非常に実践的で役に立つ内容だ。

ある日の相場を例にとって具体的に相場解説をする。

シナリオの立て方、エントリーパターン、決済、そしてトレードの後の正しい反省の仕方。

FXトレーダーはトレードノート(トレード記録)を書かなければいけない。

トレードノートは正しい反省をするのに役に立つ。

テキトーに書くべきものではない。

FXの正しいトレードノートを書いて毎日勉強する

トレードノートは「何が正しいのか」を検証するために書く

今FXで勝てなくて困ってるから、みんなこのブログ見てるんだよね?

どうやったら勝てるようになるのか。

「正しい勉強法」がわかるといい。

FXトレーダーが毎日することは以下の通り。

  • 朝起きたらチャートを見る
  • 1日のシナリオを立てる
  • 立てたシナリオに沿って相場を監視する
  • トレードする
  • トレードを振り返る

立てたシナリオ(仮説)に対して、1日の出来上がったチャート(結果)がどうなのかを見比べて検討する必要がある。

多くの素人トレーダーは毎日の勉強をテキトーに行う。

例えば、ルールを守らずにテキトーなトレードをする。

Aという手法は相場に対して効果があるんだろうか?

f:id:milk1123xx:20190805113227p:plain

で、それを毎日毎日やり続けて試してみる。

100トレードやり続けたところで「あ、効果があるんだ」と確証を得る。

でも世の中の素人トレーダーはルールを守らない。

f:id:milk1123xx:20190805113240p:plain

毎回ルール違反をするから、時間をかけて100回も1000回もトレードしてもムダな時間を使っただけで終わる。

何が正しいのかわからなくなる。

間違ったFXトレードノートの書き方

ネット上や投資本には多くの間違ったトレード学習法が書かれている。

  • トレードノートにはポジション保有中の感情の変化を記録しなさい
  • エントリー日時、決済日時、価格を記録しなさい
  • その他、不必要なデータを形式的に記録しなさい

ひょっとしたら後でトレードノートを見返したときに役に立つ「かも」しれない。

が、ほとんどのものは「いらんよね」。

そのノートは、FXトレーダーとしての自分を成長させてはくれない。

ノートにトレードをさせているわけではない。

トレードをするのはトレーダー自身の「頭」だよね?

だったら、トレードをするための脳を鍛えるノートを書かなきゃいけない、って気づかない?

実際の相場を使ってFXトレードノートの書き方を解説する

その日の環境認識をトレードノートに書く

f:id:milk1123xx:20190805113258p:plain

ポンド円4時間足。

これ、明らかに下降トレンドだよね。絶対に買いとか考えちゃいけない場面。

日足レベルで以前の安値を微妙に割っちゃってる。

f:id:milk1123xx:20190805113326p:plain

1時間足も見るんだけど、特に分析することはない。

下げてるんだから売っとけ、と。

フィボ38.2%にも達しないで直前で急に落ちちゃってる。

f:id:milk1123xx:20190805113340p:plain

5分足。右側の赤の縦線がその日の朝6時。

この5分足の動きが非常に特徴的、というか今後の展開がわかりやすい。

うちのFX勉強会内ではyoutubeで非公開にしているツールを使う。

が、それを使わなくても普通にシナリオを立ててトレードはできる。

まず何をする?

f:id:milk1123xx:20190805113359p:plain

当然、いつものフィボナッチエクスパンションだよね。

本当は161.8%で売りたかった。

でも、そこまで行かずに落ちてきちゃっている。

その落ち方も特徴的。

f:id:milk1123xx:20190805113419p:plain

以前の動画で言った「三度目の正直」ですよ。

三尊天井とかヘッドアンドショルダーズと言い換えてもいい。どうでもいい。

この落ちた位置は何かというと、1時間足で以前に落ちた所。

f:id:milk1123xx:20190805113433p:plain

チャートで以前に落ちた所は今回も落ちやすい。

コレ、見てたら売るよね。

f:id:milk1123xx:20190805113506p:plain

夜中の3時くらいだったから見てた人は少なかったけど。

その日のシナリオをトレードノートに書く

f:id:milk1123xx:20190805113454p:plain

朝5時か6時くらいに、その日一日のシナリオを立てる。

僕が勉強会の中の解説動画で言ったことをそのまま話す。

f:id:milk1123xx:20190805113534p:plain

とりあえず今日の相場は「売り」だよね。買うバカはいない。

ただ、直前で何かレートが止まっていそうに見えるヒゲ集が気になる。

売るんだったらそこまでで、そこから先は安値をちゃんと下抜けした後で売りたい。

とにかく直前の安値を抜けていくかどうかを見る。

「抜けていくかどうか」というのは具体的にどう考えるか。

これはすごく簡単。

2パターンのエリオット波動を考えればいい。

しかも僕の教えているエリオット波動はシンプルで難しくないものだった。

シンプルだから相場で実際に使える。

f:id:milk1123xx:20190805113544p:plain

安値を抜けていくのなら、力強い3波で抜けていくはず。

そうでなければ、直前安値まででエリオット5波が収まってしまう。

f:id:milk1123xx:20190805113621p:plain

その後安値でウロウロするのであれば買いも考えられる。

じゃあ、売るんだったら安値を割った後か、小さく戻った後の4波か、ということになる。

僕は何年も専業トレーダーとして勝ち続けている。

でもね、小難しいことを考えているわけではない。

これくらいシンプルなことをルールに則って毎日考えているだけ。

FX学習者は、トレードノートにシナリオをまず書くといい。

自分が相場を見て何を考えたのかを順序立てて書く。

脳のトレーニング。

その日の結果をトレードノートに書く

f:id:milk1123xx:20190805113637p:plain

じゃあ、その日の結果はどうなったのか。

結論から言うと「立てたシナリオが外れた所があった」。

5波が非常に長く、グイグイと落ちていった。

こういう動きも頭の片隅で考えてはいた。

が、「あまり興味はなかった」。

だってどーでもいいでしょ?

大事なのは4波から売ることと、安値が抜けていくかどうかの2点だから。

なので、どうでもいいのでシナリオには入れていなかった。

うちの勉強会の人が売ったのは実際にこんな感じ。

f:id:milk1123xx:20190805113655p:plain

全てルール通りにトレードできている。

もしくは、フィボ38.2で止められてからの売り。

f:id:milk1123xx:20190805113709p:plain

あるいは、安値を割るだろうの「だろう売り」じゃなくて、ちゃんと割ってからの売りでもいい。

f:id:milk1123xx:20190805113717p:plain

FXトレードノートはみんなの心の中にある

トレードノートの書き方で、素人トレーダーが誤解していることが多い。

「書けば儲かる」んじゃないんだよ。

「正しいこと、やるべきことをやるから儲かる」んだよ。

つまり、ルール通りにチャート分析をしてシナリオを立てる。出来上がったチャートと見比べる。

脳を使って考える。トレーダー脳を育てる。勝てるトレーダーの考え方ができるようにする。

なので、これらの要件が満たされていれば、別にノートはなくてもいい。

「トレードノートはみんなの心の中にある」って話で。

チャート画像を残して、そこにメモをしてもいい。

あるいは僕とか、僕のFXの先生がよくやってたことなんだけど、「架空の人物に話しかける」ってのがある。

まあ、気持ち悪い話ではあるんだけども。

なんでもいい。

2次元美少女が好きな人はそれでもいい。

イケメンが好きな女子はそれでもいい。

架空の人物と話をしてチャート分析をする。

朝起きたら話をする。

昼、チャートを見ているときにする。

夜寝る前に相場を振り返りながらする。

結局、何をしているのかというと「アウトプットする」ってこと。

脳みそを動かして自分の考えを徹底的に吐き出す。

要は、トレードノートが大事なのではない。

正しいルールで、自分の頭で考えて相場分析をする。そしてそれを長く続ける。これが重要。