私、Ku-Chartや通貨の強弱を使わなくても専業9年やってます

僕が専業FXトレーダーとして活動し始めた頃は「パワーバランス」という手法を使っていた。

つまり、よく言われる「通貨の強弱」のこと。

有名な理論だとKu-Chartなんてのもあって、知ってる人もいるかもしれない。

通貨の強弱の説明と、以前研究していたKu-Chart

f:id:milk1123xx:20190617111103p:plain

FXの世界は通貨のパワーのバランスで成り立っている。

例えば(簡単に言うと)、ポンドが強いです、円が弱いです、っていうとき。

f:id:milk1123xx:20190617111123p:plain

こういう図式になる。ポンドのほうが重い。

f:id:milk1123xx:20190617111147p:plain
ということは、ポンド円の相場はこういう方向に動くはず。

よって買いを選択する。

ただ、こんなに簡単ではない。

世の中にはドルとかユーロとかいろんな通貨が存在するし。

それらがあれこれと影響し合って相場の流れを作ってるから。

だからFXで儲けたい、つっても一筋縄ではいかないんだよ。

昔、僕はこの通貨の強弱でトレードしていたし勝てていたんだけど。

通貨の強弱には確かに優位性はある。

有名なKu-Chartってのを研究していたこともあった。

でも今では「んなもんいらねぇ」とバッサリ切り捨ててる。

見る通貨ペアもポンド円だけ。

特別な手法は何一つ使ってない。うちのFX勉強会で教えてるのとおんなじ。

f:id:milk1123xx:20190617111208p:plain

勉強会参加者と全く同じことをやってる。

参加者にナイショで自分だけ特別なものを使ってるとか、そういうのは一切ナシ。

でも稼げる額は以前より多くなってるし、勝率も以前より格段に上がってる。

通貨の強弱とかKu-Chartとか、その他の小賢しいやり方とか、今思えば「んなもんいらねぇ」だ。

昔はつまんないことを躍起になって研究していたんだなぁと、ちょっと恥ずかしく思う。

通貨の強弱とかKu-Chartを使わなくても稼げる相場

多くの人が苦手な上昇相場

f:id:milk1123xx:20190617111228p:plain

こんな相場がある。

今年の5月1日のポンド円5分足。

こういう相場、苦手な人は多いと思う。

上昇の根っこで買えると楽だよね。高みの見物で、どこまででも余裕を持って保有できちゃう。

でも途中から乗って買った人は、いつ下がるかわからないから気が気じゃない。

もしくは、明確な押し目がなくて上昇していくので買えない。

実は久々にKu-Chartを使ってこの相場を見てみたり、手動で通貨の強弱を計算してみたりした。

時間足にもよるんだけど、ポンドが強くて円が弱いような相場ではあった。

だからといってテキトーに買ったらダメだよね。

相場が伸び切った所で買ったら、いつ下げるかわからないし。

なので、どのようなインジケーターを使おうが、やはり最後は人間が相場を見て判断しなきゃいけない。

今日のテーマはこの上昇局面(の先っぽ)でどうやって対処するか、ってこと。

4時間足

f:id:milk1123xx:20190617111247p:plain

直近は上昇局面。

何度も止められている所で今回も止まり、少し上昇している。

f:id:milk1123xx:20190617111255p:plain

拡大して直前の相場を見てみると、レンジ下限からの上昇にも見える。

1時間足

f:id:milk1123xx:20190617111305p:plain

エリオット波動の典型的な形が出ている。

エリオット波動についていろいろなご意見(笑)をお持ちの方もいると思う。

僕の教えているエリオット波動は、小難しい理論は一切なし。

小難しいことってのは実践では使い物にならないから。

そういう机上の空論の「研究」みたいなのが好きな人っているんだけど、実践するトレーダーには向いてないよね。

f:id:milk1123xx:20190617111328p:plain

そういえば、10年近く前に「Ku-Chart研究してます」みたいな人がいた。

その人はいまだにブログをやってるようだが、FXトレーダーとして十分な実力がついているとは全く思えない。

非常に気の毒な話。地獄だよ。

5年も10年もそういうバカみたいな独学の「研究」をやって遊んでる。

でも、こういう気の毒な素人トレーダーって世の中にたくさんいるから。

それはもうFXではない。

お遊び、趣味、オカルトだよ。

UFOの写真を撮るのが趣味です、みたいなオカルトマニア。

このブログを読んでる人にはこういうふうにはなってほしくない。

FXというのは楽しむものではないから。

お金を稼いで自分の人生を変える!幸せにする!ものだから。

f:id:milk1123xx:20190617111344p:plain

で、話をもとに戻す。

以前僕が何度も説明した、エリオット波動の典型的な動きになっている。

2波はジグザグした動き、3波はトレンドの中で最も力強い動き。

もう1つやることあるよね?

f:id:milk1123xx:20190617111351p:plain

そう、フィボナッチエクスパンション。

直前は急上昇しているので、FEの数値があるからといって安易に売ってはいけない。

エリオット上昇3波だし。

5分足

f:id:milk1123xx:20190617111401p:plain

こんな感じ。

これを見て「売っちゃえ」という考えを持っちゃうのはダメ。

f:id:milk1123xx:20190617111415p:plain

例えば、勉強会の中で売って損失を出していた人がいるが、負けるに決まってる。

どうしても売りたいならFE161.8まで待って売る。

f:id:milk1123xx:20190617111435p:plain

例えばこう。

でもまあ危ないし、20pips未満のゴミ拾いだし、良いトレードとはいえない。

たまたま勝てたから良かったが、負けてる人もいたよ。

f:id:milk1123xx:20190617111448p:plain

だから逆張りってのは難しいんだよ。

じゃあ、この局面ではどうしなきゃいけなかったかというと、まずはトレンドラインを引く。

f:id:milk1123xx:20190617111500p:plain

でもこれだけだと、どこで買っていいのかわからんよね。

よくあるパターンなんだけど、直近高値を更新した所を見つける。

f:id:milk1123xx:20190617111516p:plain

ブレイクで買わない。ブレイクで入ったら高確率で「戻る」。

よって押し目を待つ。

一旦下げて、止まって「下には行きませんよ」ってのを確認して買う。

f:id:milk1123xx:20190617111532p:plain

もうここまで上昇が強かったら、次の目的地はFE161.8に決まってるのでそこまでの20pipsを取る。

でもね

うちの勉強会参加者で、ここでの買いを満足にできた人は一人もいなかった。

さっきも言ったけど難しいんだよ。

伸びた先っぽで買うのはタイミングのとり方が難しい。

なのでわかりやすい逆張りを狙っちゃうんだけど、ヘタにそれをやると損失を出す。

なのでこういう所は「何もしない」ってのも一つの手だ。

f:id:milk1123xx:20190617111549p:plain

一応ここで買った人を紹介するが、「名人様」をやっている。

正しい決断をして買ったんだったらそのポジションには責任持たないと。

中途半端な所で決済するから勝てないという典型的な例。

f:id:milk1123xx:20190617111605p:plain

勝った人も見せるが、買いの判断がちょっと早い。

ここが「学びどころ」だよ。

勝った負けたっていうのはどーでもいいの。

みんな勉強会に入って「勉強」してるんでしょ?

これが勉強会に入らずに独学だったら大変だよ。

何が正しいのか全く理解できないまま、毎日トレードしなきゃいけない。

間違った所で売ったり買ったりして、利益が出たから「やったー」ってアホみたいな顔して騒いでる「お遊び」で時間を浪費することになる。

なので、特にうちの勉強会に参加してる人は、こういう局面は難しいんだけど、あえて挑戦してみてもいいんじゃないだろうか。

実際に自分でトレードしてみて、その後に結果が出るよね。

その結果を正しく考察して正しく反省することで、稼げるトレーダーとして成長していけるわけだ。