FXの先生(メンター)を探して逆張り手法を教わっちゃお☆

今回はポンド円相場の逆張り手法を解説する。

まあ、FXを学ぶときには先生を探すのが一番手っ取り早い。

独学では間違ったチャート分析法を身に着けちゃうから。

先生、かっこいい言葉でいうとメンターって言うよね。

僕も最初は多くの人と同じで独学でやっていた。

20代の頃に公務員だったが、辞めて民間企業に勤めた。

自分で決心して辞めた。

でも、やっぱ公務員ってお金の面で安定してるから、不安になってFXなんか始めちゃった。バカだから。

そしたら退職金100万円を一晩で溶かしちゃった。バカだから。

さらに、近くのプロミス行って150万円を追加で借りて投入した。バカだから。

その150万円も溶かした。バカだから。

その後ですよ、FXの先生と出会ったのは。

先生からトレード手法を学ぶようになって気づいた。

「ああ、俺のやってたことはFXじゃなくて趣味・遊び・ごっこ・散財だったんだ」と。

やっぱね、プロから習うってことが大事なんですよ。

FXの先生(メンター)云々、小難しいことを言ってはいるが

相場の自然な流れ

f:id:milk1123xx:20190611121350p:plain

今回紹介するのは逆張り手法なんだけど、難しいものではない。

要は、相場の流れに逆らっちゃいけません、ってこと。

今回紹介する「逆」張りも、相場の大きな流れには逆らってはいる。

しかし、不自然ではない「自然なやり方」というのがある。

そういうのって、やっぱ相場を全く分かってない素人が独学するのは無理があると思う。

皆さんご存知の通りFXってのは超むずかしーんだよ。

だから、信頼できるメンターの先生を探したほうがいい。

正直言って僕も過去に多くの「自称FXトレーダー」の人に散々騙された。

ネット上には信用できない人は多くいるとは思う。

それでも、独学で不毛な取り組みをするよりは先生を探したほうが、アナタの未来が明るくなる確率は格段に高くなると思うよ。

チャート分析は難しくない

今回「逆張りFX手法!」っていうご大層な名前を付けてるけど、やることはいつも僕が解説しているのと変わらない。

要は、値動きを正しく観察しましょう、ってことなんだよ。

そのことを「相場心理」とか名付ける人もいるし。

僕はそれをわかりやすくテクニカル分析で説明してるってだけ。

呼び方は何でもいいんだけど、相場の流れに従うってことが要点だから。

川の流れと同じ。

ダーッと川が流れてるのに逆の方向に泳いでも疲れるでしょ?

でも、川の流れが緩くなっている所もある。

そういう所を見つければ逆方向にも泳げます、ってこと。

誰でもわかるFX逆張り手法

4時間足

f:id:milk1123xx:20190611121400p:plain

最近の相場でずっと、4時間足上昇にフィボナッチリトレースメントを使っていた。

38.2%は下抜けて、ひょっとしたら次は61.8%まで行くのかな?という所。

その他のチャート分析ツールで使えるものは特に無かった。

だから僕はいつも「複数のチャート分析ツールを使えるようになりなさい」って言ってるよね?

こういう相場で困っちゃうから。

5分足レベルでトレードするなら直近相場は下降トレンドとして見るよね。

1時間足

f:id:milk1123xx:20190611121410p:plain

明らかに下降トレンド。

よって、売るのが絶対的に勝ちやすい。

ルール上、エントリーポイントが10個あったとする。

そしたら売りで勝てるのが9個、買いで勝てるのが1個ですよ。

そしたら、売りと買いどっちを選べばいいのかなんて小学生にでもわかるよね。

そこをあえて今回、逆張りで取ってみましょうってこと。

前にも言ったが、素人トレーダーはこういう相場で当てずっぽう買いをする。

f:id:milk1123xx:20190611121422p:plain

当てずっぽうで買い続けて、そして口座を破綻させる。

せっかく買いのチャンスが来た頃には買うお金が無くなってる。

f:id:milk1123xx:20190611121435p:plain

まず見るべきなのはここ。

安値を2回つけて、その後上昇していって、なんか下げ止まったように見えない?

(この画像では未来の相場が見えちゃってるから、その後落ちて行ってるのがわかるけど。)

でも5分足でタイミングを捕まえたら買えるかもしれない。

5分足

f:id:milk1123xx:20190611121446p:plain

このチャート。

現在値付近でとりあえず3つ、分析できることがあるよね?

僕だったら一瞬でわかる。

僕のFX勉強会で長く学んでる人も一瞬でわかる人は多い。

値動きの意味を考える

f:id:milk1123xx:20190611121502p:plain

安値更新しようと思って下げてきた。

でも、それがほとんど全部一瞬で戻されてしまった。

トレーダーはどう考えなきゃいけないか。

「買いの力が強いかも?」ですよ、当然。

エリオット波動

f:id:milk1123xx:20190611121511p:plain

小さい下降エリオット的な動きが出てる。

エリオット波動は僕は昔は全く信用していなかった。

今も、エリオットをたくさん使ってトレードしているわけではない。

でも使える所は多くある。相場の使える所で使えばいい。

小難しい知識も僕は知らない。

なぜ知らないかと言えば「んなもん覚えたって1円も儲からないから」。

だから上の画像みたいなもんで十分。

ゆっくりと下降5波まで終了している。

その行き先は?

f:id:milk1123xx:20190611121520p:plain

その下降5波の行き先はどこか?

フィボナッチリトレースメント61.8%ですよ、奥さん。

じゃあ、そこで買えばいいと思わない?

FXの先生(メンター)に教わって逆張り手法で取った人、1名。

じゃあ、うちの勉強会の人でこの買いを取った人を紹介する。

f:id:milk1123xx:20190611121533p:plain

実はここで買ったのは1名しかいなかった。

なぜかと言うと「下降相場だから」。

下降相場ではヘタに買いができないんだったよね?

だからみんな素直に売り売り売り売り・・・をしていた。

でも、ここだけは買いもアリだよね。

逆張りなので長く保有しない。直近高値まで取って終了。

とっても上手いと思う。