FXで勝てるようになるトレードノートの正しい書き方って話。

結論から言う。

「FXで勝てるようになりたければトレードノートは書くべき」。

が、意味のない記録・日記をつけていてもしょーがない。

何がしょーがないのか?

せっかくチャートを見てFXの勉強に充てられる時間を、トレードノートを書くことに費やすんだよね?

その時間というのは絶対にムダであってはいけないわけだ。

でも、世の中の多くの人は時間をムダに使っている。

f:id:milk1123xx:20190514112531j:plain

何の意味もないJKの日記みたいなポエムになってる。

FX手法でもトレードノートでも、効果のあることをするから伸びる・成長する。

独りよがりなことをやってたら伸びない。

FXトレードノートに意味のないことを書く例の行為

f:id:milk1123xx:20190514112629p:plain

よくありがちなのが、コレ。

エントリーしたレート、決済したレート、何pips取れたか。

コレ、トレードノートに書いて何か意味あるかね?

無いよね?

こんなことを書くくらいだったら、トレードを画像で残してフォルダに突っ込んどいたらいい。

f:id:milk1123xx:20190514112641p:plain

それなら一瞬で終わるし後から何度でも見返せる。

文字で書くより絵で残るのでわかりやすい。

レートとか勝ち負けを日記に書く行為、ムダだってわかるよね。

でも、やったことあるよね? 多くの人が。

僕はやったことある。恥ずかしいけど正直に言う。

意味のないことはやめよう、って話。

なぜなら「FXで勝てるようになるのに何の効果もないから」。

勝てる勝てる勝てる!できるできるできる!って1万回唱えるとメンタルが育ってFXで勝てるようになる!みたいな人がたまにいる。

が、残念ながらFXは魔法ではない。

効果のある練習・努力して長く続けるから勝てる。それしか無い。

じゃあトレードノートには何を書くのか

答えは「自分の課題を書く」。

  • 自分がいつも負けるパターン
  • なぜ負けるのかの分析
  • 勝てるパターン
  • なぜ勝てるのかの分析
  • 先生や仲間から指摘されたこと
  • それについての分析
  • ポジション保有中の値動きを見ていて気づいたこと
  • 自分が今取り組むべき課題
  • 取り組んで解決した課題
  • チャート分析についてのアイデア
  • トレードへの取り組み方
  • 先生の動画とかブログを見て気づいたこと

自分のトレードのウデを成長させることなら何でもトレードノートに書く。

トレードノートはどのように書くのか

綺麗な文字で丁寧に書いてウットリ眺めなくていい。時間のムダだ。

後から読み返さなくていい。時間のムダだ。

1年前の日記を読んで「ああ、オレにもこんな時代があったなぁ」なんて感傷にひたらなくていい。

トレードはノートにさせるのではない。自分がするものだ。FXというのは自分がするもの。

美しいノートを作ってもしょうがない。

自分の頭で考えるためにノートを書く。

ノートを書かずにボーっとしてたって脳は動かない。

だから手を動かしてトレードノートに書く。すると脳は動き出す。

次から次へといろいろなアイデアが出てくる。

「トレードはアイデアの連続である」。

これは僕がFXを習った先生の言葉だ。

刻々と変化する相場に対して、トレーダーのアイデアで対処する。

しかし、脳はいきなりは働かない。

素人がトレードするときに泉のようにアイデアが湧き出してきます、なんてそんな都合の良い脳は無い。

だから普段からトレーニングする。

FXトレーダーとしてのトレーニングの一つ、それがトレードノートだ。

FXトレーダーのトレードノートの実際

2018年版トレードノート

f:id:milk1123xx:20190514112719p:plain

書式は何でもいい。

「とにかく書くこと」「書いて考えること」「続けること」が大事。

手書きでもいい。キーボードでタイプしてもいい。

僕が去年使っていたノートはiPadだった。

トレードノートではない。

FXの修行というのはとっくの昔に終わったので、僕はトレードノートを書く必要はない。

だから自分の人生の上でいろいろとモノを考えるために使っていた。

字がとても汚いし個人的なことが書かれているのでモザイクにしてある。

が、この画像を見てわかることは「改行してない」ということ。

再度言う。「綺麗に丁寧に書いてウットリ眺める必要はない」。

トレードノート・日記を書いている間に脳がグルグルと動けばそれでいい。

誰に見られているわけでもないので気取って書く必要はない。

支離滅裂でもいい。自分がわかればいい。

書く前に考えない。手を動かす。

手を動かせば脳が動く。

2019年版トレードノート

f:id:milk1123xx:20190514112732p:plain

最近、僕はiPadを卒業した。

で、Windowsのほうが僕にとっては使いやすいのでSurfacePro6というノートPCを買った。

このPCの利点はいろいろあるが、今回の話の趣旨とは違うので省略。

このPCは無理して買う必要はない。高いから。

今はOneNoteというWindowsのソフトを使っている。

f:id:milk1123xx:20190514112802p:plain

10年日記というのを書いている。10年後まで書けるやつ。

すごくシンプル。ただ10個の表を作っただけ。

ダーッと書く。改行せずにひたすら考えながら書く。

f:id:milk1123xx:20190514112817p:plain

すると、翌日その内容を覚えてるんだよね。

自分の行動を気をつけたり改善したりするようになる。

それが「成長」。

ノートを書かずにボケーっとしてたら成長も何も無い。

「ただ何となく生きてる人間」になる。

「ただ何となく生きてる人間」では、勝てるFXトレーダーには永久になれない。