具体的な損切りの位置とFXトレーダーの失敗の話

最高のポイントでエントリーできたはずが、大失敗しちゃった人がいた。

f:id:milk1123xx:20190402081351p:plain

ボタンを押し間違えて売る所を買っちゃったんだよね。

「FXトレーダーあるある」ですよ。

結果、89.3pipsの損切り。

僕はこのトレード報告を聞いたとき「特に何も思わなかった」。

え?なんか深刻な問題なの?って感じで。

FXトレーダーの損切り&大失敗、え?深刻なことなの?

f:id:milk1123xx:20190402081411p:plain

この方のトレードは、これ。

最高のポイントで売ってるでしょう。(まあ、買いボタンを押しちゃったという失敗ではあるんだけど)

焦ってナンピンして、トータルでは89.3pipsの損切りだったと。

僕はその直後にこういう返信をした。

f:id:milk1123xx:20190402081421p:plain

いつも勝ててるんだから、たまに大きめの損失出しても全く問題ないよね。

以前ブログで紹介したことがあるけど、この方の成績はこんな感じ。

f:id:milk1123xx:20190402081436p:plain

デモトレードで「資金2倍トレーニング」を終えて去年3月からリアルトレードに移行。

コンスタントに勝ちを重ねて年間1000pips超え。

今年はどうかといえば、こんな感じ。

f:id:milk1123xx:20190402081449p:plain

f:id:milk1123xx:20190402081500p:plain

で、失敗をした3月の結果はどうだったのか。

f:id:milk1123xx:20190402081513p:plain

131.6pipsのプラスで終わっている。もうね、専業トレーダーレベル。

これだけ勝ててる人の総獲得pips数から見れば、マイナス89.3pipsなどゴミみたいなもんだよね。

このメールで面白いのが、画像の上に書かれている部分。

FX勉強会ではオンラインで話せる座談会ってのをやってるんだけど、笑って笑われて勇気をもらうことができる。

精神的にリセットして翌週の相場に備えるのは、結構大事だったりする。

損切りを置くポイントは基本的に○○

相場にとって意味があるかどうか

f:id:milk1123xx:20190402081534p:plain

先週のFX勉強会の動画解説で、僕は損切りに関してこんな話をした。

それほど買いに適したポイントではない。が、上昇の押し目で買っても良い。

f:id:milk1123xx:20190402081543p:plain

買っても、その後の値動きを見ていれば上昇しないというのはわかるから、キズの浅い所で損切りすればいい。

マイナス10pips程度で済む。

でもね、エントリー直後に入れる損切り指値は基本的に「直近安値」ですよ、毎回。

f:id:milk1123xx:20190402081557p:plain

この局面ではエントリーポイントから直近安値まで100pipsほどある。

構わず直近安値に損切りをまず置く。

素人が一番やっちゃダメなのは「損切りは毎回20pips」とかいうやつ。

損失を抑えることばかり、目先の利益のことばかり考え、損切りを狭くしたがる。

でも、その「20pips」って何か意味がある数字なの?

トレーダーが適当に決めた数字だよね。相場にとっては何の意味もない。

20pipsじゃなくても30pipsでも10pipsでもいいけど。相場にとっては何も関係ない。

「損切りは相場にとって意味のある位置に置く」。

意味のある位置というのは「直近安値」ですよ。当然。

FX学習者がやらなければならないこと

FX学習者にとってやるべきことは「勝つこと」ではない。「勉強すること」だ。

  • トレードルールを守ること
  • ポジション保有中の値動きを観察すること

この2つをやるべきだ。

例えば今回は損切りについて僕は話しているが、「損切りは直近安値」というルールを毎回絶対に守る。

目先の欲だけでテキトーな位置に損切りを置かない。

ルール通りに毎回、直近安値に損切りを置く。

そうやってゆっくりとポジション保有中の値動きを観察する。

目先の勝ち負けしか考えてない人は「損切りは一律20pips」とかやり始める。

素人(FX学習者)がそういうことをすると、すぐに損切りになる。

いわゆる「損切り貧乏」というやつ。

ヘタに損切り位置を浅くすると逆に損失がかさむ。

すぐに損切りになるので、ポジション保有中の値動きを観察するという大事な勉強ができなくなる。

ダメ。

  • ルール通りに直近安値に損切りを置く。
  • ポジション保有中の値動きを観察して勉強する。
  • ルール通りに決済する。

こういうマトモなトレードをしよう。マトモにFXを勉強しよう。

半年・1年に一度の「大きめの損切り」があってもいいじゃない

FX勉強会の解説動画で、僕はこういう話もした。

直近安値100pipsの所に損切りを置く。

そしたら、大抵の場合は利食いまで伸びていくし、大抵の場合は浅い損切りで収まる。

が、たまに指標発表とか要人発言とかで値が一気に動くことがある。

f:id:milk1123xx:20190402081619p:plain

そしたら一気に100pipsの損切り。

でも、これって何か問題ある? っていう話を解説動画の中でした。

半年とか1年に一度大きめの損切りがあって、何か問題ある?

素人が適当なトレードルールでやってて全く勝ててない人にとったら大問題だろうね。

普段ロクにFXで勝ててなくて、いきなり100pipsのマイナスになったら発狂する。

でも、うちの勉強会の人って違うんで。

FXをマトモに勉強して月に数百pips取っているんで。

例えば月に200~300pipsをコンスタントに取ってます、と。

例えば半年に1回、買いと売りのボタンを押し間違えて100pipsの損失を出したとする。

平均250pipsとして半年では1500pips。100pipsの損切りをしたとして1400pips。

半年でプラス1400pips。

これ、勝ち組ですよ。超勝ち組。なんか問題ある?

逆に「損切りは毎回一律20pips」とか、実力がないくせにカッコつけて浅めの損切りやってる人はヤバい。

  • 買いました
  • すぐに損切り20pipsに達しました
  • カーっとして逆に売りポジ持ちました
  • それもすぐ損切りになりました
  • メンタル崩壊して売り買い売り買いを繰り返しました
  • 口座破綻しました

f:id:milk1123xx:20190402081639p:plain

こういうの経験ある人、いっぱいいるでしょ。僕も昔何度もやったよ。

勝てるFXトレーダーになりたかったらマトモなルールでトレードする。

損切りは毎回直近高値安値。

目先の勝ち負けにとらわれない。ムダに浅い損切りは設定しない。

ポジション保有中の値動きをちゃんと見て勉強する。

マトモなトレーダーになりたかったら、マトモな勉強をするべきだ。