フィボナッチリトレースメント使わないFXトレーダーはマヌケ

フィボナッチリトレースメントは相場に効く。

的確に使えばFXで勝てるようになる。

ただね、相場分析ツールを使う側(おまいら)に問題がある場合が多々ある。

フィボは相場の基本で、フィボは非常に使えるツール。

なのでトレーダーが「正しく」使うために勉強をしよう。

フィボナッチリトレースメントの基礎の基礎

まずは使う数値。

2つだけ覚えればいい。38.2%と61.8%。

メタトレーダー4(MT4)であれば以下のように設定する。

f:id:milk1123xx:20190307110152p:plain

%$を付けると、フィボの数値だけではなく価格が表示される。

これは必須ではないのでお好みで付ける。

この2つの数値を使いこなすことで、これまでFXで全く勝てなかった素人トレーダーが勝てるようになる。

フィボナッチが効くことに意味を求めない

フィボの数値はなぜ効くのですか?

この質問をよく受ける。

結論からいうと「超どーでもいい」。

こういう質問をする人自体、FXトレーダーとして大きな問題を抱えていることが多い。

大抵「我が強い」「プライドが高い」。

フィボナッチとかエリオットとか云々の前に、FXを学ぶマインドが準備できてないことが多々ある。

FXで勝てるようになるために大事なことが2つある。

  • ・素人が独学しない、プロに弟子入りして習う
  • ・教わったことは素直に受け入れる

みんな、トレード手法については有難がって聞くんだけど、当の本人の学ぶ姿勢がクソな場合が多い。

それで死んでいったトレーダーを、僕はたくさん見てきた。

だから僕は言う。「とにかく素直な気持ちで学ぶこと。」

FXというのは、素直じゃない人から死んでいく世界です。

でね、なぜフィボナッチの数値は効くか。

確かに38.2とかよく効くよ。いろんな効く意味はある。

相場心理的なものとか、世の中の多くのトレーダーが使っているツールだからとか。

でもね、大事なのはソコじゃない。ソコを見てる人はズレてる。

フィボの数値でトレードするんじゃなくて、フィボの数値を使って相場の値動きの意味を考える。

これが大事。

これが理解できないと、1万回トレードしたって勝てるようにならない。

だからまずは僕の教えることを素直に正しく学ぶ所から始めてね。

フィボナッチリトレースメントで相場を読み解く

リアルタイムでの上昇トレンド判断

f:id:milk1123xx:20190307110226p:plain

こういう相場がある。ポンド円1時間足。

誰がどう見ても「上昇トレンド」。

なので買うしかないんだけど、リアルタイムでその判断ができるだろうか?

リアルタイムでチャート見て、下手に売って大きな損失を出したりしないだろうか?

買っていれば爆益の相場。

フィボナッチリトレースメントを使うと、FXトレーダーは的確に買えるようになる。

実際の使い方

f:id:milk1123xx:20190307110234p:plain

相場を4つに分ける。

f:id:milk1123xx:20190307110250p:plain

1の相場では安値からの上昇の戻しが、FR38.2まですら無い。

これはどういう意味か? これを考えるのがFXトレーダーの仕事。

これは簡単。単に「上昇の力が強い」ってことだよね。

よって買えばいい。

下手に売ると損失になる。

f:id:milk1123xx:20190307110304p:plain

2の相場で、ようやくFR38.2までの下降があった。

ここで買う。

f:id:milk1123xx:20190307110321p:plain

この買いは、僕のFX勉強会では「進研ゼミ」と呼ばれているもの。

これ進研ゼミでやった!俺でも解ける!と自信を持ってエントリーできるパターン。

本当は20~30pips程度取って終了なのだが、勢いよく伸びたので100pips超えになった。

f:id:milk1123xx:20190307110346p:plain

しかしFR38.2に達したのは一瞬で、その後すぐに高値を抜けていった。

つまり値動きの意味としては依然として「上昇の力が強い」だよね。

よって、売るべき相場ではない。

f:id:milk1123xx:20190307110357p:plain

一度FR38.2に達したのでフィボナッチリトレースメントはリセットされ、3の相場ではこのようになる。

FR38.2まですら戻しが無い。

よって、上昇の力が強い。買うべき相場と判断。売ってはいけない。

f:id:milk1123xx:20190307110407p:plain

その後はどこまで行っても同じ。

フィボナッチで値動きの意味を考え、買うべき相場と判断する。売ってはいけない。

とにかく買っていれば爆益になる相場。

こういう相場で何も考えずに「そろそろ下げるだろう」で売りたがる人がいる。

世界中に大勢いる。

もちろん、運良く売りで勝てる場合もある。

が、上昇相場では買いで勝つ確率のほうが格段に高い。

なので、売りで負け負け負け負け負け、と負けが続くことが多々ある。

買ったほうがいい。

だから一般に「FXはトレンドに乗りましょう」と言われる。

フィボナッチリトレースメント、高確率FX手法

f:id:milk1123xx:20190307110421p:plain

その後の相場。

上昇トレンドが一旦落ち着いたようで、大きめの戻し(下降)となった。

フィボナッチリトレースメントに則って、FXトレーダーが買うべきなのはどこか?

f:id:milk1123xx:20190307110435p:plain

当然、コレ。

強い上昇トレンドの後で、せっかく戻してくれたんだから買い場を探る。

買い場はどこか。当然、FR38.2。進研ゼミ。

FX勉強会で買った人を紹介。

f:id:milk1123xx:20190307110453p:plain

f:id:milk1123xx:20190307110457p:plain

環境認識をしてFR38.2で買う場合はモタモタしない。

即断即決。様子見しない。

買うんだったらスパッと根っこで買う。
すると高確率で利益になる。