おーい磯野、トレンドに乗ってトレードしようぜ!【FX勉強会】

FXは「正しく」トレンドに乗れたら勝てる。

正しいトレードをしていないから勝てない。

10年近く前、僕もFXの修行時代に勝てない時期があった。

僕は短気なので、失敗するたびに右手に持っていたマウスを何個投げて壊したかわからない。

キーボードも床に叩きつけてそのたびに近所のヤマダ電機に買いに行った。

でもね、そういう短気をいくら起こしてもトレードの間違いは改善されないんだよ。

「正しいこと」をしてないから。

何が正しいのか、何が間違っているのか、そこんとこをよーく考えることが大事。

今回は相場の「正しいこと」を超絶詳しく解説する。

 

FXにおいて「トレンドに乗る」とは?

チャートの中の「証拠」を「確認」する

f:id:milk1123xx:20190207074237p:plain

ポンド円1時間足。強い上昇トレンド。

上昇トレンドということは、世の中の多くの人が「押し目で買いたい」と思ってるんだよね。

よく見るとチャートの中にその「証拠」が残っている。

世の中の(誰だかはわからないが)誰かが、ここが押し目だぜ!って言って買う。

チャートを拡大する。

f:id:milk1123xx:20190207074254p:plain

長い陽線。

ここが押し目だぜ!って言って誰かが買った証拠がチャートの中に残っている。

でも、買った後はどうなったのか。

以前の動画で話した。とても重要なこと。「値動きの意味を考える」ということ。

買ったのが全部戻されちゃった。

「上昇トレンドの押し目はここではありませんよ~」となっちゃった。

f:id:milk1123xx:20190207074316p:plain

だからその直後に買いをしてしまったら当然、損切りになる。買っちゃダメ。

え?でも

f:id:milk1123xx:20190207074329p:plain

ここで買ったら利益出るじゃん!3度目の正直で買えばいい。

それも違う。

それは結果論であって、また「押し目じゃありませ~ん」で下げる可能性もあるんだから。

じゃあどうする?

大事なのは「証拠」を確認してからトレンドに乗っていくこと。

フィボと値動きの意味ですよ、奥さん。

f:id:milk1123xx:20190207074448p:plain

1時間足に対しての5分足。

1時間足では上昇トレンドの押し目っぽい、力強い陽線が出ている。

ここでトレーダーは何を考える?何をする?

f:id:milk1123xx:20190207074500p:plain

直近で相場が上昇しているんだから、フィボナッチリトレースメントを使うのは当たり前。

上昇の後でFR38.2まですら戻さない(下げない)。

しかも、時間(横軸)がいくらかかってもやはり戻さない。

※横軸に関しては↓の記事を参照のこと。

ということは?とトレーダーは考える。値動きの意味を考える。

ということは「売りの力が弱い」「買いの力が強い」ということだ。

じゃあ、買えばいい。

どこで買うか?

f:id:milk1123xx:20190207074626p:plain

すごく目立つ陽線がある。

陽線の先っぽで買ってもいいんだけど、ここも「確認」だよね。

上昇した後で戻して下げないのを確認してから買い。

FX勉強会の参加者が実際に行ったトレードを見せる。

f:id:milk1123xx:20190207074637p:plain

f:id:milk1123xx:20190207074700p:plain

26.5pips。ヒゲ先ピッタリで利確できている。

 

FXではトレンドに乗るんだけど、ブレイク手法にはならないように。

ブレイク手法は、らめぇ

ここで一つ注意しなきゃいけないことがある。

f:id:milk1123xx:20190207074726p:plain

前回高値付近で買ってはいけない。

前回高値付近で買うということは、この人が利確をしたタイミングで買うということ。

「なんか違う」ってのはわかるよね?

相場で美味しいのは、あくまでこの人が26.5pips取った部分。

この人が利確をしたタイミングで買うということは「美味しくない所を狙う」ということでしょ?

高値で買う方法はブレイク手法と呼ばれる。

ブレイクしたのを見て、もしくは、ブレイクするのを期待して買う。

ブレイク手法は勝率が低い。

また、高確率で一度戻し(下げ)があるので、そうなったらトレーダーに迷いが生じる。

  • あー、こんな所で買うんじゃなかった
  • 損切りしちゃおっかなぁ…
  • 売っちゃおうかなぁ…

って、買うべき相場で余計なことを考える。

で、余計なことをした後で相場は上昇して「ああ、やっぱ損切りしなきゃ良かった」とトレーダーは心に二重ダメージを受けることになる。

そもそも買うにも不利な相場

そもそもこの相場というのは、買うとしても不利な相場なんだよね。

f:id:milk1123xx:20190207074741p:plain

一番いいのは根っこ(一番安い所)で買うこと。最も儲かるし、最もリスクが低い。

例えばね、家電量販店に行って高い買い物をするとする。

5千円のヒゲ剃りだったら躊躇せずに買える、

でも、10万円とか20万円の洗濯機とか冷蔵庫だったら「うーん」と考えちゃうでしょ?
それと同じ。

この最新式の洗濯機は30万円です!って言われるのと、10万円です!って言われるの、どっちを買うのか。

10万円に決まってるよね。

同じ商品なのに高いのを選ぶやつはバカでしょ。

f:id:milk1123xx:20190207074900p:plain

相場もそれと同じ。安く買えたほうがいいに決まってる。

30万円の、買うにはすごくリスクが高い所でこの人は買った。

だから欲張らない。直近高値、20~30pips程度でやめておく。

欲張って最高値まで利確を粘ることはしない。

もしくはブレイク手法で、直近高値で買うということは絶対にしてはいけない。

リスクの高い局面で、ブレイク手法というさらにリスクの高いことをやちゃったら危ないでしょ。

そういう細かな所までちゃんと考えて「トレンドに乗る」。