プロトレーダーが語る「FXマルチタイムフレーム(MTF)分析」

FXで長期にわたって勝ち続けるためには「マルチタイムフレム(MTF)分析」は大事だ。

これはFXの基本であり、奥義である。

僕は過去にいろいろなFX手法を学んだり検証・研究してきた。

素人時代というのは、みんなお手軽なことをしたがる。

5分足のみとか、単一時間足でトレードできないか試す。

複数時間足を見るのが面倒だから5分足にMTFインジケータを詰め込む。

f:id:milk1123xx:20190205065712j:plain

こういうのは全て試してきた。(これはネットで拾った画像)

この動画を見ている人達の何百倍・何千倍もの時間を使って僕は試してきた。

で、僕の結論としては「お手軽な方法など無い」。

っていうか当たり前だよね。お手軽な方法で金が儲かったら、もうみんなやってるっての。

 

FXトレーダーにはマルチタイムフレーム(MTF)分析しか無い

「テクニカル分析は使えない」詐欺師に騙されないこと

f:id:milk1123xx:20190205065747p:plain

最近読んだ本で『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』ってのがあった。

その中の著者(以前から胡散臭いとは思っていたが)が書いていることを読んで、僕は笑ってしまった。

「テクニカル分析が有効ではないことは証明されている」と。

その理屈の一つが移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスをコンピュータで調べると云々、みたいなもの。

f:id:milk1123xx:20190205065816p:plain

もしくはギャン理論を持ち出してきて、ギャンは実はトレーダーとして財を成した人ではない、とか。

f:id:milk1123xx:20190205065828j:plain

こういうのはよく「ポチポチおじさん」こと内田博史もやる手口。

もっともらしいことを言って自分の理論を正当化する。

ゴールデンクロス・デッドクロスでみんなお手軽に儲けられたら苦労しないって。

ギャン理論のような「魔術」は論外。ギャン理論外。

これらを持ち出して「はい、テクニカル分析はダメでーす、はい論破ー」言われても、ねえ(笑)って感じで。

MTF分析は基本であり、これが出来ない人はそもそもFXで勝てない。

変に(意味のない)複雑なことはする必要はない。

が、簡単な・お手軽なことしかやらない人は永久にFXで勝てるようにならない。

  • 複数の時間足見るのが面倒です
  • だから上位時間足のインジケーターを全て5分足に詰め込みます

これはFXで勝ててない初心者がよくやることだ。

が、そこに優位性は無い。

僕のFX勉強会で教えている手法でもMTFインジケーターは使う。

5分足に1時間足のMAを表示させたりはする。

しかし、それは補助的なものであり、決して「奥義」ではない。

僕は以前から言っている。

複数のチャート分析ツールを的確に使って相場を多角的に分析する、と。

それはフィボナッチ等のツールに限ったことではなく、時間足も同じ。

「5分足だけガン見してます」では永久にFXで勝てるようにはならない。

1時間足も4時間足も頭の中で連動させて分析する「訓練」をしなければいけない。

始めは「クソめんどくさい」。

しかし、それは「慣れである」。

新入社員が最初の数ヶ月、仕事についていけなくてアタフタするのと同じ。

人間というのは努力していれば「慣れる」。

慣れたら自分のやれることもどんどん増えていく。

でも、世の中で成功しない人というのは「すぐ諦める」。

 

マルチタイムフレーム分析、おすすめ時間足

僕も過去にいろいろと調べた時期がある。

特殊は時間足は必要ない。

メタトレーダー4(MT4)に標準装備されている時間足で十分。

MT5だと8時間足とか2時間足とかが使えるが、大した効果はない。

っていうか、そういうのを使わないと勝てない人はそもそも「そのトレーダーが低レベル」なのだ。

f:id:milk1123xx:20190205065926p:plain

一番使える組み合わせは「1時間足と5分足」だ。

(ちょっと視野を広く見たい場合は4時間足も混ぜたりするが。)

その他

  • 4時間足と15分足
  • 日足と1時間足
  • 週足と4時間足
  • 月足と日足

というのもお勧め。

が、月足と日足とか、そんな悠長なトレードはやってられないよね。

そもそもFXというのは長期投資には不向きだと個人的には思っているので、そんな組み合わせは使わない。

 

ここからはちょっと余談。波及手法の話

僕がFX勉強会で教えている手法の一つに「波及」というのがある。

これは、日足に対して1時間足、4時間足に対して15分足、と4枚のチャートを使ってトレードするやり方。

水平線を使ってガチガチにルール化している無裁量手法。

水平線は一意にしか引けない。

f:id:milk1123xx:20190205070010p:plain

斜めのトレンドラインだと、引く人の角度によっていろいろ引けちゃう。

角度がちょっとでもズレると全く異なるトレンドラインになる。

f:id:milk1123xx:20190205070023p:plain

なので、無裁量の波及手法では水平線を採用している。

なお、斜めのトレンドラインも、やり方によってはキチンと引ける。

これは過去のブログで紹介した通り。

波及手法は簡単に言うと、

f:id:milk1123xx:20190205070647p:plain

  • 15分足の水平線を抜けたら次は1時間足の水平線まで波及し
  • 1時間足を抜けたら次は4時間足まで波及し
  • 4時間足を抜けたら次は日足まで波及する

という考えでトレードしていく方法。

そうやって完全ルール化している。このやり方で儲かっている人は多い。

が、僕はこのやり方、今はもうほとんど興味がない。

だって無裁量じゃツマラナイし。

フィボトレードという裁量手法のほうが面白いし、自分のトレードスキルが上がれば上がるほど莫大な富を生み出す。

なので僕は、今は完全に裁量手法でトレードしている。