水平線トレード手法の使い所1【FX勉強会】

ぶっちゃけ、今回のブログ記事は僕のFX勉強会に参加している人向け。

勉強会内で教えている手法があって、その上で今回の水平線手法のトレード解説も見ると「使える」ということ。

なので、この記事を読んだからといって、今FXで勝ててない人がすぐに勝てるようになるとは僕には全く思えない。

ってか、FXで勝ててない人は無料のyoutube動画とかブログとかで学んでくすぶってないで、サッサと僕の勉強会に入って学べばいい。それが勝ち組トレーダーになれる最短経路。

有限な時間は大切に。

 

実は僕は、FX勉強会で水平線手法を教えていない

水平線を知らなくてもトレードで勝てる

僕のFX勉強会では水平線は教えていない。(たまに動画解説で触れる程度)

実はね、水平線手法って習ってなくてもFXでは勝てるんだよね。

が、水平線の使い所というのはある。それは「利確」

エントリーに水平線が使えます!って言ってるブログとかyoutubeの動画とかあるんだけど、僕には眉唾っぽく聞こえる。

相場の中で水平線がエントリーに使える所は「ほんの少し」はあるけど、効果的ではない。斜めのトレンドライン等々を使ったほうがトレードの精度は上がる。

FXにおいて利食いは「名人芸」であり、正解は無い。

f:id:milk1123xx:20181222114737p:plain

例えば「このへん」で買ったとする。

その後、ポーン!と勢いよく上昇していった。

「じゃあ、利食いはどこでするか」という問題になる。

f:id:milk1123xx:20181222115146p:plain

例えば、画像の1で利食いしたとする。その後さらに伸びていって「あ~!利食いするんじゃなかった!」って、過去に悔しい思いをした人もいるだろう。

もしくは2で利食いしときゃいいのに、欲張ってもっと上に利食い指値を仕掛けといて、その後急降下して「あそこで利食っときゃ良かった!」って後悔する人とか。

っていうか、利食いに正解はない。だって「未来のこと」なんだから。

未来のことを100%正確に予言できる人なんていない。僕にもできない。

利食いは職人芸みたいなもので、トレーダーが的確な利食いができるようになるには、それなりの訓練期間を要する。

利食いの仕方は「直線で」

僕がいつも言っている方法。

↑FX勉強会のブログにも少し書いた。

基本的に「波1本」で利食いをする。

 いくつも波を跨がずに、スッと伸びた先っぽで利食いをする。

f:id:milk1123xx:20181222115843p:plain

直線で、波1本で利食いをする。先ほどの相場で説明するなら、

f:id:milk1123xx:20181222120107p:plain

矢印のようにエントリーと利確を繰り返す。

FXトレーダーの時給

直線で利食えるようになると、トレーダーとしての時給跳ね上がる

例えば、半日後とか1日とか数日後に「数百・数千pips取れるかも」みたいな局面だったとしても、それって疲れるよね。

その間ずーーーーっとチャートを気にしてなきゃいけない。人生楽しめない。

だったら今上昇している目先の相場で、上がった先っぽで利食えばいい。

コンビニの時給の100倍・1000倍・10000倍(もっと?)は得られる。

我々FXトレーダーがやるべきなのは、ソレ。相場に自分の人生を縛られるなんて、まっぴらゴメンだよ。

 

具体例:水平線手法を、どうFX相場に活かすか

実際の買いトレードをまず見せる。僕のとFX勉強会参加者のを。

f:id:milk1123xx:20181222120754p:plain

2018年7月31日、ポンド円5分足。

FX勉強会のブログで以前紹介した、僕の買いトレード。しっかりとヒゲ先で利食えている。

この利食いは僕が優れているのかといえば(それもあるが)、勉強会内で教えているいくつかの利食いの方法の1つを使えば、みんなヒゲ先で利食いをすることができる。

f:id:milk1123xx:20181222121030p:plain

それぞれのトレードスタンスもあるのでエントリーポイントは異なるが、利食いは気持ち悪いくらい一緒。

一応、勉強会サイトでの実際のトレード報告も見せる。

f:id:milk1123xx:20181222121254p:plain

 利食いポイントは「正確には」どのへんなのか?が知りたい

僕は好奇心旺盛な人間なので、単に「儲かったからいいや」「勝てたからいいや」とは、あまり考えない。

それよりも「正確には、どの位置での利食いが正解なのか?」ということがすごく気になった。

僕はエントリー(買い)直後に

f:id:milk1123xx:20181222121930p:plain

こんな水平線を引いていた。(実際のチャート画像)

利食い位置をすごく悩んだのを覚えている。

ここから伸びていくのは確定なのだが、「いったいどこまで伸びていくんだろうか」「どこで利食いをするのが最も正解なんだろうか」がすごく気になった。

で、水平線を何本か引いたり、トレンドラインを引いたり、その他のルールで利食い位置を検討した。たぶん20~30分ほどやっていたと思う。

で、最終的にその中の1つを選んだのが今回の「ヒゲ先利食い」になった。

バカだよねぇ。未来なんて誰にもわからない、ってさっき言ったのに。

f:id:milk1123xx:20181222122859p:plain

でもね、僕の引いた水平線も「正解」だったんだよ。結果論ではあるが。

しっかりとチャートの中で機能していることがわかる。

FX水平線手法、引き方のルール

僕が引いた水平線は、1時間足を見て引いたもの。

まずは1画面分で、過去のポイントとなる値動きを参考にして引いた。

f:id:milk1123xx:20181222123459p:plain

チャートを大雑把に見たわけではない。水平線で露骨に何本もピッタリとヒゲ先が効いているのがわかると思う。

ここだけではない。僕はさらに過去に遡って確かめて、複数本引いている水平線の中から1本を選んだ。

f:id:milk1123xx:20181222123859p:plain

僕は過去のローソクのどこを見ていたのかというと、ヒゲ先が多く効いている所はもちろんなんだけど

トレンドラインの記事で紹介した「頂点の裏側のヒゲ先・実体」も見ていた。

水平線、未来の相場ではどうなの?

過去の相場ではわかった。でも、リアルタイムとか未来の相場で水平線が機能してないと意味ないじゃ~ん、と言う人が出てきそうなので未来の相場にも触れておく。

f:id:milk1123xx:20181222124417p:plain

余裕で効いてる。

でもね、こういう水平線ってのは何百・何千本って「自分で引いてみて」「トレーニング」しないと引けるようにはならない。

僕がいつも言う「お手軽なことをしててもFXで勝てるようにならないよ」というのは、ソレ。

ブログとかyoutube動画を見てくれるのは有り難い。

しかし、何人の人がチャートを開いて実践したり練習したりしてるのかなぁ・・・と少し心配になってくる。

↑ここにも書いた。教わってばかりで自分で努力しない人間に、成功は永久に訪れないんだよ。