素人・初心者FXトレーダーにトレンドラインは難しい3【FX勉強会】

 

FX相場において、トレンドラインは「使える」

ただし、勝てるトレーダーになるためには、いくつか条件を満たす必要がある。僕が教えているトレンドラインやその他のツールを「知ってるだけ」じゃダメなんだよ。

 今回はまずその最も大事な部分を話し、その後でトレンドラインの引き方の例を解説する。

 

FXでは手法も大事だけど、学び方も大事。

f:id:milk1123xx:20181220105812j:plain

これは僕が何年も言い続けている言葉だ。

例えば、僕のFX勉強会で学んでいる人で、僕が教えている「勝てる」FX手法は大事にするんだけど、「学び方?んなもんどーでもいいんだよ」と言っちゃう人がたまにいる。

そういう人はほとんどコケてる。

僕がせっかく手法をFX勉強会とかブログとかyoutube動画で教えているんだから、コケてほしくない。お金を儲けて成功者になってもらいたい。

これはね、僕が何年も勉強会を続けてきた上での経験則だから、ちゃんと聞いたほうがいい。相場に殺されないために。

僕のツイッターに書いた文を引用。(読みやすいようにちょっと誤字とかを修正した)

エリオット波動は後付けのチャートで説明したものだろう、という人が世の中にいるのは知ってる。僕も以前はそう思っていた。

が、実際にトレードで利益が出ているから仕方ない。

「エリオットは使えない」と言うと嘘になる。

 「エリオット使えない」の人は、エリオットが悪いのではなく、その人自身に問題がある。

エリオット「だけ」でお手軽トレードしたり、値動きの意味を見る努力を放棄して「はい、5波だから買いまーす」みたいな脳天気なことをしてたり。

それでエリオット=使えない、と言っちゃうんだから理論が破綻している。

 エリオット波動しか使わない、相場全てがキッチリとエリオット波動通りに動いてないと納得できない、値動きを見る努力を全くしない、それでオッケーだったら、みんなお手軽に成功者になれる。

そんな都合のいいことは、この世に存在しない。

そんな幼児性から早く脱しなきゃダメ。みんな大人なんだから。

 さらに付け加えると、「エリオット使えない」さんは、検証の質・量が圧倒的に足りてない。

質の良い検証を数多くこなすから、その手法が使えるかどうかが判別できるのであって、デタラメなことをやったらデタラメな結果しか得られないのは当たり前。

今皆さんが学んでいるトレンドラインについても、もちろん同様のことが言える。

 

FXトレンドライン手法 2018年9月10日前後、ポンド円

f:id:milk1123xx:20181220111304p:plain

前回引いたトレンドラインから上昇し、その先のあたりで「買えないか」を模索する。

当然、これまで行ってきたように、上昇したらフィボナッチ・リトレースメントを使って戻しを確認することも重要。

それだけでなく、トレンドラインを引いて買いの根拠を増やしてより安心してエントリーしたい。

エントリー根拠となるトレンドライン

f:id:milk1123xx:20181220112238p:plain

ルール通りに引くと、このように引ける。

もちろん、ローソクが確定して相場が進むに従って微調整はしていかなくてはいけない。

1回引くと未来永劫大丈夫です、みたいなお手軽なラインは存在しない。

トレンドラインの基本ルールは前回まで十分に解説したので、今回はサラッと説明するだけ。

ポイント1

f:id:milk1123xx:20181220112546p:plain

ポイント2

f:id:milk1123xx:20181220112918p:plain

ポイント3

f:id:milk1123xx:20181220113011p:plain

このヒゲに関しては、本当はもう少しトレンドラインを上にやって「くっつけたい」のだが、それをやると全体的に不都合が出てくる。

f:id:milk1123xx:20181220113346p:plain


トレンドライン全体が値動き(ローソクの集合体)の中に入りすぎてしまう。

これでは実際のトレードで使えない

トレンドラインの行き着く先

f:id:milk1123xx:20181220113642p:plain

ルール通りに引いたトレンドラインは未来でも効く(ことが多い)。

これだと安心して買える。

5分足で細かなエントリータイミングを掴む

f:id:milk1123xx:20181220113927p:plain

5分足の形状を見ていて、何か気づかないだろうか?(っていうか、気づかないとトレードできない)

f:id:milk1123xx:20181220114049p:plain

エリオット波動的になっている。

ポイントとなる下側のトレンドラインまでで、全5波が収まってしまっている。

これがもし下降の力が強い場合は、3波で一気にトレンドラインを下抜けていくなどの動きになりやすい。

そうではなく、時間(横軸)をかけてようやくトレンドラインまで5波をつけてきた、「ということは?」とトレーダーは考える。

当然買うよね。

FX勉強会参加者の実際のトレード結果1

f:id:milk1123xx:20181220114528p:plain

当然、勝てている。

 

FXトレンドライン手法 2018年8月10日前後、ポンド円

トレンドライン、大まかな計画

f:id:milk1123xx:20181220114744p:plain

一言で言えば、

f:id:milk1123xx:20181220114803p:plain

「このへん」に売り根拠のためのトレンドラインが引きたい。

で、

f:id:milk1123xx:20181220115109p:plain

僕はこのように引いた。

トレンドラインの細かなルールを見ていく

もう面倒なので、ダーッと書いていく。(画像作るのめんどくさい)

ポイント1

f:id:milk1123xx:20181220115409p:plain

ポイント2

f:id:milk1123xx:20181220115646p:plain

ヒゲ等がトレンドラインにピッタリと接しなくても良い。最大公約数的に通していく。

ポイント3

f:id:milk1123xx:20181220115941p:plain

ポイント4

f:id:milk1123xx:20181220120100p:plain

トレンドラインの行き着く先

f:id:milk1123xx:20181220120239p:plain

ローソクが確定して出来上がってくる相場に対して、随時トレンドラインは微調整する。すると、このようなラインが引ける。

環境認識から始める勝ち組トレーダー生活

トレンドラインとぶち当たった高値で売れたら良いのだが、そもそもここは相場のどういう局面だったかを思い出す。

f:id:milk1123xx:20181220120750p:plain

フィボナッチエクスパンションの161.8%があり、以前に

解説した通り、FE161.8はそもそも売れるポイントではない。

f:id:milk1123xx:20181220121244p:plain

下げた先っぽで、しかもFE161.8で売るのは素人すぎる。

しかし、現在は結構角度が鋭い下降トレンドなのだから、それに乗って「下げて戻したら売る」ことは可能。

5分足のエントリータイミングを探す手法

「下げて戻したら」とは言うが、そもそも「戻し」とはどこなんだ、という疑問。

そのやり方も、もうすでに解説している。

f:id:milk1123xx:20181220122845p:plain

フィボナッチエクスパンションで上昇が停滞した所で売れば良い。

5分足で勢いよく伸びた直後は売れない。しかし、FE161.8%に達して、しかもそこで停滞して落ちてきた所では売ることができる。

しかもそのポイントは、1時間足でトレンドラインが引けていた。

さらに、直近は急角度で落ちている下降相場だった。

FX勉強会参加者の実際のトレード結果2

f:id:milk1123xx:20181220123052p:plain

先ほど紹介した買いエントリーでは60pipsも取れていた人がいた。しかし今回は20~30pipsと利益が少ない。

その理由は、先ほどの相場解説から明らか

5分足で直前が急角度で上昇している直後での売りだし、そもそもこの相場は下降FE161.8%で「売りにはあまり適していない局面」だった。

なので、長々と保有する相場ではない。